WONDER DRIVE

1999年、リョウジ(VO&G)アツシ(B&Vo)レイジ(Dr&Prog)の3人によって結成。都内各地で月2、3本ペースで精力的にライヴ活動を行なう。それと共にデモ音源等の製作も行ない、同年には自主製作でミニアルバムを発表。その後もマキシシングルや無料配付デモCD-R等を発表。翌2000年に自主製作にて13曲入りフルアルバムを発表。直後に事務所に所属。(株)グッディ:DEEN、藍坊主、10FEET等在籍。

2000年11月から01年3月まで16週連続ライブを敢行。その間の2001年2月にインディーズデビューアルバム「グロ」を発表。レコ発を主催イベントにて下北沢CLUB251で開催。同年夏に全国ツアーを8ケ所まわり、ツアーファイナルとして主催イベントを開催。その後12月にアツシが脱退、サポートベーシスト、ヒロの参加で活動を継続するも翌年4月にレイジが脱退、活動停止、事務所離脱を余儀無くされる。

約一年間の充電期間を経て2003年に復活。リズム隊にサポートメンバー松島宏和(B&cho、サウンドクリエーター)藤沼"JINU"啓二(Dr、ex=DEEN、秦基博、川嶋あい他)の2人を迎えて活動を再開する。また充電期間より始めたアコースティックソロライヴも引き続き継続。同年自主製作マキシ「ReVIVE」発表。

よりバンドらしさを追求する為に再編を決意、04年4月のライヴで活動停止に入る。2度の活動休止を越え、3人の新たなメンバーを迎えて2005年6月、活動再開。

その後メンバー脱退等を経て07年4月より、RYOJIROCKを中心としてWONDER DRIVEを愛してくれる仲間のサポートを得て活動を継続。

2007年8月5日に久々のマキシシングル「Love Spiral.ep」を発表。

2008年5月23日、初代ドラマー宇野レイジが急性リンパ性白血病で急逝。
それを受けて新作の制作と活動の本格化へ急速に加速し始める。

2009年7月15日、デビューアルバムからおよそ8年振りとなるセカンドアルバム「LOST FRAGMENTS」をYOUNG RECORDSより全国発売。

2010年11月27日、キャリア初となるワンマンLIVEを敢行。O.A無し、ゲスト無し、ツインドラムの5人編成にての初ワンマンは盛況のうちに終了。
同日、限定マキシシングル「NAKED SONGS」発売。

2011年、6月8日の自主企画イベント[NAKED ROCK Vol.3]を持って充電期間に入る。

2012年9月8日、渋谷MilkyWayにて行われたイベントに出演、ちょうど1年3ヶ月振りとなるこのライブをもってWONDER DRIVEとしての活動を終了。